菱電商事に投資をする場合の売り時とは

株式投資をする上で、一番難しいのは売り時となります。
買うのも簡単なものではありませんが、買う時点ではまだ損益は発生していないわけですから、それまでの流れや将来の予測をして購入をするだけにそれほど悩むものではありません。

しかし、売り時というのは少しタイミングを間違えただけで大きな損を出してしまったり、あるいは利益を大幅に減らしてしまうことがあります。
そこで、菱電商事に投資をする時の売り時とはどのようなタイミングが良いかというと、これは買ったポイントにもよりますが菱電商事の株価は右肩上がりで上昇を続けているだけに悩みやすいものですが、直近の高値を抜いてブレイクをしないようであれば一旦手仕舞いをしてみるというのも一つの方法となります。
すんなりと上昇していくようであれば、それまでの高値の下に逆指値をおいて利益を伸ばすという方法もありますが、ブレイクをしないようであれば一旦下落をする可能性が濃厚であるだけに、ひとまず手仕舞いをするのが賢明な判断といえるでしょう。

逆に菱電商事の株価が下落してしまった場合ですが、これは直近の安値を抜けた段階で一度利益が出ていても損失が出ていても売ってしまうのが良いでしょう。
投資というのは勝ち続けることが難しいものですから、できるだけ負けを最小限に減らすことが重要となるのですが、順調に右肩上がりの成長を続けていた銘柄が直近の安値を割ってしまったときには、短期的に下げトレンドに転換をすることが多いので、ここでひとまず売ってしまうというのも一つの目安となります。
もちろん、そこで売った後に再度上昇をすることもあれば逆に大きく下落をすることもありますが、大事なのは結果ではなくリスク管理を徹底するという点にあるのです。

ページトップへ