朝日新聞などで設備投資の情報が流れた時には

投資をしているときにはどのような情報に対しても敏感であることが重要となりますが、特に保有している銘柄の情報が出たときには的確にその内容を分析する必要があります。
朝日新聞のような全国紙に取り上げられた情報というのは、すぐに株価に反映されるものとなっていますから市場がどのような判断をするのかということを見落とさないようにしましょう。

朝日新聞などに掲載された情報というのはそれ自体を分析することも大事ですが、市場がどのように反応するかというのも同じように大事なことであり、同じ情報であっても株価の反応は正反対の動きをすることもあります。
例えばある企業が設備投資をするという情報が朝日新聞から流れた場合、設備投資による収益の向上が期待されれば株価は上昇することになります。
しかし、収益の向上よりも一時的な出費の増大を嫌った場合には同じ内容の情報でも、株価が下落をしてしまうことになります。
この時に大事なことは設備投資の効果を分析することにもありますが、実際に市場がどのような反応を示しているのかということも重要な事になるのです。
将来的には収益が向上するにしても、短期的に出費増が嫌われて株価が下落するようであれば、一度ポジションをクローズして安くなった所を拾い直せばより多くの利益を期待することが出来ますし、その逆に将来の業績にあまり影響がなさそうでも短期的に期待感で株価が上昇しているのであれば、高くなったところを売って下落してきた所をまた買い戻すという方法をとることができます。
情報を分析することは投資をするうえで重要なこととなりますが、実際に市場はその情報に対してどのような反応をしているのかということも同じぐらい重要な事になるのです。

ページトップへ